労働基準監督署に相談する場合

残業代未払い金請求を行った場合、速やかに残業代が支払われるケースもありますが、多くの場合は会社側が何らかの理由をつけて支払いをしないケースの方が多いようです。

元々、本来支払うべきものを支払っていないのには、その理由があります。残業代未払い金請求を行った事で、その理由が解消されるという事は考えにくく、元々支払う気がない、支払おうという意思がないという会社が多いからこそ、こういった問題が多数出てくるのでしょう。

そういった状況になった場合には、いくつかの対処法があります。まず、最初に選択するべきなのは、労働基準監督署へ申告する事でしょう。労働基準監督署は、労働基準法、労働安全衛生法、あるいは労災保険法などといった労働に関する法律に基づいて各事業所の監視を行う機関で、その会社の方針や労働者の扱いが法律に違反している、不当であると思われる場合に監督指導を行うという業務を行っている機関です。

まずはこの労働基準監督署に相談し、自分の残業代が未払いであるという事を報せる事が望ましいでしょう。請求を行っていなくても、本来残業代をもらえるかどうかという事に対して相談ができるので、積極的に利用すると良いのではないでしょうか。

なかなか残業代未払い金請求に踏み出すのが難しいと考えている人は、一度相談してみる事をお勧めします。窓口が設けられているので、相談はしやすいでしょう。

ただ労働基準監督署に相談する場合、証拠となる資料がしっかり揃っていないと、なかなか動いてくれないのが実情です。よって、あらかじめ自分が不当に残業をしている、つまり残業代が支払われていないという事を客観的に示す証拠がないと、あまり役に立ってくれないという事も考えられます。

最新情報一覧


MENU

MENU

MENU

MENU

MENU