企業が残業代未払いを起こす理由

残業代未払い金請求を労働者がしなくてはならないというのは、異常事態と言えます。企業自体が法律を守っていない、という事になるからです。

そして現在、残念ながらそういった企業が数多く見受けられます。残業代未払い金請求に関する問い合わせが各所に殺到している事からも、それは明らかです。

そんな状況が生まれた理由は、やはり世界的な問題にまでなっている不況が大きな要因と言えるのでしょう。極端な例を挙げれば、バブル期全盛時はこういった問題がまずあり得ませんでした。

そもそも、残業自体が少なかったですし、残業すればその分、会社はしっかり賃金を払っていました。そうなれば、当然労働者もやる気を出し、より企業は充実したものとなっていきます。この好循環が、昔の日本を支えていました。

しかし、今は会社の存続自体が厳しいという中小企業が多く、残業代すら払えない、もしくは払う事を躊躇してしまう経済状況の企業が少なからずあります。そういった企業に勤めていて残業代未払い金請求をするのは、色々と難しいかもしれません。

ただ、ある程度余裕のある規模の企業であれば、明らかに問題です。中には、人件費削減の一環として、サービス残業を行わせている会社もあります。そういった場合は、労働者の権利を踏みにじっていると言わざるを得ないでしょう。

また、残業代をうやむやにする為、年俸制を導入している企業も多々あります。年俸制の場合でも残業代未払い金請求はできますので、泣き寝入りしない事です。

最新情報一覧


MENU

MENU

MENU

MENU

MENU