管理職は残業代が払われない?

残業代未払い金請求を行う前に、まず自分の労働条件が残業代を支払われないケースに該当していないかを考える必要があります。基本的に、残業代は支払いの義務がありますし、労働基準法にしっかりと明記されているものなので、弱い労働者の立場でも正当に請求できるのですが、とはいえ例外もあります。その例外に該当する場合は、残業代を受け取ることができません。

労働基準法では、「管理監督者に対しては残業代が支給されない」となっています。管理監督者という職業に就いている場合は、たとえ何時間残業しても残業代は支払われません。

管理監督者とはどういった立場にある人かというと、いくつかの条件があてはまる場合に該当する事になります。まず、出勤および退勤の時間が自由に設定可能である事です。

いつ出勤しても、いつ帰っても良いというケースですね。次に、職務に関しての責任や権限が任されている事です。そして最後に、一般社員より給与が優遇されている事となっています。

これらの条件を満たしている場合には管理監督者としてみなされ、残業代未払い金請求ができる事例にはあたらないという事になります。

一方、最近ではこの管理監督者の定義が問題となっています。ファーストフードなどの店長で、権限、責任といったものが事実上ないのに、管理職と会社がみなしており、残業代を支払わないケースです。ニュースになる事も多いですね。こういった場合は管理監督者とは法律上ならないので、残業代未払い金請求が可能となります。

最新情報一覧


MENU

MENU

MENU

MENU

MENU