サービス残業に注意したい職種

残業代未払い金請求が検討される、つまりサービス残業となっているケースというのは、特定の職種に偏っているようです。つまり、サービス残業になりやすい職種というものが確実に存在しているという事になります。

まず、年棒制となっている職種には、基本的にサービス残業が多い傾向が見受けられます。
年棒というのは一年間の給料を一気に支払うシステムで、そこに残業代も含まれているという言い分で押し通す会社が結構あるようです。

しかし、そういった会社の中には、年棒固定制のところもあります。例えば、年棒450万円の場合、いくら残業しても450万円というケースですね。当然、この場合は残業代が支払われていません。こういった場合でも、残業代未払い金請求をする事はできます。

同様に、上限、下限を設定している職種も同じです。一定以上の時間残業しても、ある一定の金額で止まってしまうので、それ以上の残業に関しては残業代が支払われていません。これも違反です。契約書に同意している場合でも、請求可能となります。

残業代は労働基準法が定めるものであり、支払いの義務があるものです。その為、法律で「この場合は払わなくて良い」と明記されている事項を除けば、支払いの義務があります。労働者はどうしても弱い立場ですが、それを甘んじて受け入れていると、いつまで経っても正当な労働条件は勝ち取れません。会社を良くする為にも、残業代未払い金請求はすべきなのです。

最新情報一覧


MENU

MENU

MENU

MENU

MENU