個人事業主の税金対策

"私は、フリーランスのシステムエンジニアを生業としています。
個人事業主ですので、毎年2月~3月の間に、税務署に確定申告に行かなければなりません。
節税に最も効果的なのは、まず青色申告事業主の届出をしておくことです。青色申告の場合は、複式簿記で帳簿をまとめる必要があったりして面倒なのですが、その代わりに年間65万円の所得控除が得られます。白色申告ですと、年間10万円の控除ですから、どちらがお徳かは明白ですよね。
次に効果のある方法は、小規模企業共済に加入することです。これは、いわば小さな会社の社長さんや個人事業主の方への年金積立のようなものであります。
月額で1000円~70000円までを掛け金にすることができて、しかも全額、控除対象になります。
積立金をもらう場合も、退職所得控除、または公的年金控除をうけることができ、課税額を抑えることが可能になるのです。
結婚して妻がいるので、妻を青色申告専従者にして、仕事を手伝ってもらっています。この場合月々の給料は全て経費扱いになります。代わりに配偶者控除がなくなってしまいますのでそこは注意が必要です。
"

最新情報一覧


MENU

MENU

MENU

MENU

MENU