苦手な人もいる飲みニケーション

飲みニケーションという言葉もあるくらい日本の会社では仕事以外でのおつきあいつが必要不可欠であるが、それが私にとって一番の困りごとである。その理由に、お酒が全く飲めないということが挙げられる。酒の場でどんどん本音を言っていく同僚や上司がいる中で常にしらふの私は相手に対してオンオフがつけられないので、酔った状態で話しかけてこられるとどう対処してよいかわからないのだ。また、その中で一番困るのが上司がお酒を勧めてきたとき。その場合、私は何か見えない圧力がかけられたようになって断ることができなくなってしまう。お酒が飲めないのでと勇気を出して断わればいいのかもしれないが、その事で場がしらけてしまうのではと考えてしまいやはり上司から継がれたお酒は飲んでしまう。私の場合、飲んでしまうと動機が止まらなくなってしまうので、今後はどうにかしてお酒の場を回避できるようにしたいと思っている。もちろん、飲みニケーション自体を否定しているわけではなく、仕事を円滑にしていくうえで重要ではあるとは思うが、一方ではそのような付き合いに困っている人もいるということを知ったうえで、相手と接することも必要なのではないだろうかと私は思う。

最新情報一覧


MENU

MENU

MENU

MENU

MENU