金額と残業時間の関係

残業代未払い金請求を行うにあたり、まずは労働基準法が定めている残業手当、すなわち残業代について学んでおく必要があるでしょう。その金額を知る事で、自分がこれまでいくら不当に損をしてきたのかという事がわかります。それを知れば、残業代未払い金請求をしなかった事がどれほど馬鹿げているかという事もわかってくるでしょう。

残業代は、制定されている範囲の時間を超えた労働を行った場合、休日に労働する場合、深夜労働の場合に発生します。まず時間ですが、週40時間以上、1日8時間以上の労働を行う場合、残業代が発生します。この時間外労働は、通常の25%増となっています。

また、休日労働の場合は通常の35%増の賃金をもらう権利を得ます。深夜労働は22時以降、5時までの間に労働している場合に発生します。この場合は25%増となります。尚、時間外労働かつ深夜労働の場合は50%増、休日かつ深夜労働の場合は60%増となります。

例を挙げてみましょう。普段、9時から18時(休憩1時間)まで働き、週5回通勤、月20日で16万円もらっている人がいるとします。単純計算で時給1,000円となりますね。その人が、ある日の平日に24時まで働いたとしましょう。その場合、1日14時間労働という事になります。

さらに、22時以降は深夜労働に該当します。この場合、9時から18時までは通常の1,000円ですが、18時~22時までは時間外労働の為25%増の1,250円、22~24時は時間外+深夜労働なので+50%増の1,500円となります。

もし、残業代未払いであれば、14時間×1,000円=14,000円ですが、請求をすれば1,000円×8時間+1,250円×4時間+1,500円×2時間=16,000円となります。

最新情報一覧

今シーズンUGGの新作

MENU

MENU

MENU

MENU

MENU