かかる弁護士費用はどのくらい?

残業代未払い金請求をする際は、まず専門家に相談し、請求できるかどうかを確認しておきたいものです。もし労働審判や裁判まで行くようなら、弁護士のお世話にならないと色々と難しい部分も出てきます。ですが、もしも弁護士費用が残業代未払い金請求の金額より高ければ赤字となります。それを避ける為にも、弁護士費用は知っておきたいところです。

まず、相談するだけの場合はどうでしょう。残業代に関する法律相談は無料となっている所もあります。これに関しては、弁護士事務所によって異なる事も多いでしょう。基本的には、相談の場合には1時間1万円くらいが相場でしょうか。

次に、内容証明郵便を弁護士名義で発送する場合です。この場合は52,500円がかかります。この段階で残業代がこれより大幅に高い場合は、試してみると良いでしょう。

次に労働審判ですが、この場合は210,000円がかかります。訴訟を行う場合も同じく210,000円の費用が必要です。これらに関しては、事務所に関係なくこれが相場です。基本的には、労働審判から訴訟に移行する場合は、10万円くらい安くしてもらえます。

この他、残業代未払い金請求が認められた場合には、弁護士に対し成功報酬が発生します。成功報酬は、利益が出た場合にその利益額に応じた金額を支払う事になります。相場では30%強とされています。また、印紙代など諸手続きで発生した雑費も実費で支払う必要があります。諸々あわせると結構な額になるかもしれません。

これらの金額と自身の残業代未払い分を比較し、かなりプラスになるようならば、弁護士に相談してみると良いでしょう。

最新情報一覧

プレゼントにBOTTEGA VENTEAの財布なんていかがですか?

MENU

MENU

MENU

MENU

MENU