会社へのペナルティは?

残業代未払い金請求を行う事によって、会社側は本来支払うべき残業代を支払うか否か、という選択を迫られる事になります。もちろん、その請求が正当なものであるならば、法律上支払わなくてはなりません。

ただ、近年は残業代未払い金請求に対し、何の対処もせずそのまま放置したり、あるいは強引に封殺しようとしたりする動きが頻繁に見受けられます。それによって経費を浮かせようという目論見があるのでしょう。

ですが、そういった事を行った会社は相応のペナルティを支払う事になります。残業代を不当に支払わなかった場合、会社側には「付加金」というお金を請求者側に支払う義務が発生するのです。

付加金というのは、残業代未払い金請求をした後に裁判所に請求するにあたり、未払い金と同額の請求を行う事ができるというものです。つまり、裁判沙汰になれば、不当に残業代を支払われていない場合には2倍の請求ができるというわけです。会社側の視点で言えば、最悪2倍の支払いをしなくてはなりません。

さらに、未払い金に関しては遅延損害金も発生します。年利6%なので、1年間支払いをしていなかった場合には6%の利率の金額を支払う必要があります。もし請求をした労働者が会社を辞めていた場合は、それ以降の遅延に関しては年利14.6%となります。

また、付加金に関しても年利5%がかかります。よって、遅延の度合いによっては企業が支払う額は2倍どころか3倍くらいの支払いになるケースもあるのです。

最新情報一覧

バーチャルオフィスの詳細についてはコチラについて調べることが出来るよんっ!!

MENU

MENU

MENU

MENU

MENU