泣き寝入りすべきではない

この不況真っ只中の現代社会、多くの会社員が解雇される事を恐れています。失業率がどんどん増加しており、同時に再就職というのが非常に難しくなってきている今、会社に逆らう事がとても困難になってきています。評判の良い転職エージェントでも利用して転職するほうが良いかもしれません。

その為、残業しても「それが当たり前だ」と言われれば、それに従うしかありません。リストラによる人員削減によって仕事量が増え、残業の時間も増え続ける中、その残業に関する代金も、請求しない人がほとんどという状況になってきています。そうしないと、自分が不当に解雇される恐れがあるからです。

ですが、その認識は誤りです。残業代は、原則として週に40時間以上、1日に8時間以上の労働をした場合には支払う必要があると法律で制定されています。よって、残業代未払い金請求は、法律に則った極めて正当な請求なのです。これまで解雇が怖くて請求しなかった…という人は、必ずその請求をするようにすべきです。

残業代未払い金請求は、会社に損害を与えるものではなく、まして解雇される恐れのあるものではありません。もしその請求を却下するような場合は、その会社が不当な労働条件を会社員、従業員に強要しているという事になります。こういった事は、許されるべきではありません。

もし、これまで残業と制定されている時間に働いていたにもかかわらず残業代が未払いになっているという人は、何の心配もなく残業代未払い金請求を行ってください。法律と秩序が必ず貴方を守ります。

最新情報一覧


MENU

MENU

MENU

MENU

MENU