英語は立場や状況で異なる、一律の必要性はなし

"英語の公用化は必要ないと思います。
最低限の英語を身に着けておくことは、今や地方の観光地ですら、当然になっているので、身につけた方が良いとは思うのですが。

英語に限らず、日本語もですが、言語はコミュニケーションツールなので、使う状況により使い方が異なります。
日本語でも、会社ではきちんと敬語を使っていても、飲み会では、ややくだけるのが普通でしょう。

こういう事を無視して一律に身につけてもあまり意味はないと思うのです。
営業の人であれば、きちんとした説明能力の他に日常会話で距離を縮める話し方が必要でしょう。
また通訳の場合は、敬語、専門用語の理解は欠かせません。

このように立場や状況によって、使う英語は異なります。
とにかく全員習得しましょうという考えは、全員が同じ働き方をしていた過去に戻るようで、時代錯誤にすら感じます。

必要な人に、必要な英語をきちんと話すことを教える仕組みを作る方が大事です。
商談の際は、そういったスペシャリストを利用した方が、英語圏の人と誠実な仕事が出来ます。"

最新情報一覧


MENU

MENU

MENU

MENU

MENU