着物の着付けを習ったら師範の資格まで取ってしまいました。

"わたしは結婚してから、以前から習いたいと思っていた着物の着付けを習い始めました。最初は持っている着物を着られればいいな程度で習い始め、初級だけで修了しようと思っていました。しかし、習っているととても楽しいですし、もっときれいに着れるようになりたい、もっと素早く着られるようになりたい、という思いが強くなり、気づいたら1年半もの間、着付け教室に通い続けていました。

そして、なんと自分でもびっくりしたのですが、師範のお免状までもらってしまいました。最初は、別に師範とか誰かに教えたり着せたりするのではなく、自分で着物が着れるようになったらよいと思っていたのです。趣味でよいと思っていたのです。ところが、あまりにも着付け教室に通うのが楽しくて気づいたら師範の資格までいただいてしまいました。

せっかく師範のお免状を持っているので、お家で人に着付けを教えたり、他の人が着物を着たい時に着つけてあげたりしたいと思います。"

最新情報一覧


MENU

MENU

MENU

MENU

MENU