簿記三級取得

"私は、高校は普通科を卒業し、大学は文系を卒業しました。
そのため数学どころか、算数も苦手で数字を見るのも嫌いでした。

しかし、就職した先は建設会社の事務職でした。
一般事務と呼ばれるもので、仕事内容は伝票整理が主でした。
日々の入出金を記帳し、管理する重要な仕事です。

業務で簿記の知識が早速必要となりましたが、商業系の学校を卒業しいている訳でもないので、最初はちんぷんかんぷんでした。

これではダメだと思い、簿記の基礎である簿記三級を仕事をしながらですが、独学で勉強しました。
独学ではなかなか勉強が進まず、半年かけて簿記三級をやっと取得しました。
最初は難しく思っていましたが、数字がきちんと出て、パターンも決まっているので、だんだんと分かるようになってきました。

簿記の基礎を知っているのと知らないのとでは、大きく違います。
簿記の資格を取得したことで、日々の仕事の伝票整理もずいぶん早くこなせるようになりました。
更に上級も目指したいところです。"

最新情報一覧


MENU

MENU

MENU

MENU

MENU